長い育児ブランク、少しずつ看護師の仕事に復帰するには

そろそろ復職・・・という事で、仕事探しを意識するタイミングっていつ頃でした?
とこの前聞かれて。

少し思い出しながら話をしたのですが、私の場合には末っ子が小学校に入った時ですね。

幼稚園に通っている頃までは、帰ってくるのも早いし、手もやっぱりかかりますよね。

一足先に兄弟がみんな小学校に上がるママ友がよく、「この子が幼稚園を卒園するとなんだか寂しくなるな・・・」と言っていましたが、なんかその言葉がようやくよく分かる感じでしたね。

段々と、自分の手が空いてくる。
子供達がそれぞれ、自分で自分のことを出来るようになってくる。

それは嬉しい事なんですけれど、一番上の子が生まれてからずっと子育てに忙しかった毎日が、だんだん、ぽっかりと時間が空いてくる感じがして、やっぱり寂しかったですね。

それで、それまではあまり考えていなかった復職を意識するようになりましたね。

随分長い間、仕事から離れていましたから、看護師として働くにしてもどうかな?難しいかな?とも思っていましたが、とりあえず動いてみよう!やってみよう!という持ち前の積極性で、とりあえず人材紹介会社に相談してみました。

夫も、まあやってみたら、と気軽な感じで応援してくれましたしね。

見つからなかったら、趣味の裁縫を極めたら良いじゃない、みたいな感じでした。

時間が出来たら趣味の時間も欲しいと思っていましたので、仕事がなければそれはそれで良いのかな、という気持ちもあったので。

やっぱりブランク期間が長いと、仕事に応募する際に引っかかる事はありましたよね。

でも、ブランク期間をあまり気にしない職場もあったり、育児経験を活かして働いて欲しい、というところあったりで、結構、自分が動けば世界は変わるものだなと思いました。

そこで自宅近くのクリニックで、時間帯、仕事内容、など良さそうな所があったので人材紹介会社の方に同行してもらって見学へ行ってみました。

実は子供が一度かかったことがあって、ドクターもスタッフの皆さんも印象も良かったんですね。

とはいえ、知識もかなり忘れていましたから、そこはもう正直にドクターにお話をして。

少しずつまた覚えながら、復帰してくれれば良いですよ、ということで、じゃあお願いします、という話になりました。

出会いが良かったのだと思いますね。

正式に働く前には、少し慣れようと思って単発バイトも探してみたりもしました。

滋賀県 看護師単発バイト

短時間で働ける仕事など、少しずつからですね。

タイミングが良かっただけかもしれませんが、今は皆さんと同じ仕事が出来るくらいまできたかなと思っています。

やっぱり仕事がある生活は、メリハリもありますし、気持ちも張りが出ますし良かったと思いますね。